1. 無料アクセス解析
ブックマークに追加する














スポンサーサイト 



アクセスアップ.NET


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]  
【完全無料】毎日、ほったらかしで、5000円稼げる方法を伝授します!
毎日、7500円入金! お金ほしいですか? ブックマークに追加する
学歴・職歴関係なし!ニートの方もラクラク年収1500万を目指そう!
アクセスアップ.NET 人気ブログランキングへ クチコミblogランキング TREview
オートリンクネット

 |  スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)  ページ最上部へ
格安電話加入権のコアグルーヴ! コムズリンクスタッフ: 新規スタッフ登録



映画の見方!あなたは、映画を見るとき、何を一番重視しますか?  



アクセスアップ.NET




映画を見るとき、あなたは一番何を重視して見るでしょうか!?



それは、


ストーリー?


演技?


出演者(俳優・女優)?

脚本?


映像?


音楽?


話題性?


監督?


カメラワーク?


人気?


演出?




ひとによって、さまざまかもしれません。








映画の見方がわかる本―『2001年宇宙の旅』から『未知との遭遇』まで (映画秘宝COLLECTION)映画の見方がわかる本―『2001年宇宙の旅』から『未知との遭遇』まで (映画秘宝COLLECTION)
(2002/08)
町山 智浩

商品詳細を見る




見方は千差万別。




先日、友人と映画のはなしをしました。


彼は映画好きの学生。
最近、目覚めて、意識して徹底的に見てるとのこと。

私も映画好き。

映画のはなしに花が咲きました。



彼から、「いままでの最高の映画は何ですか?ナンバーワンは何ですか?」との質問。



この質問、実はけっこう困ります。


一本にしぼるのは、なかなかむずかしいのです!




忘れられないワンシーン

あの感動の映画


名セリフ


あれもこれもと浮かんできます。



また、そのとき見た年齢
状況・生活によっても、大きく左右されます。



恋をしたとき


学生のとき


はじめてのデート


学校さぼって見た映画


社会人になってから


失恋したとき



ひとの感受性は大きく変化します。



答えにくい質問ですが


わたしはこういうときに、


答える映画を、一応、決めています




わたしの、一番の映画は


フェリーニの「 道 」









モノクロの古い映画だけど


主演のジュリエッタ・マシーナの無垢な演技と


ニーノロータの悲しく素敵な音楽がたまりません。




はなしているうちに、あることに気づきました。




あなたは、映画を見るとき、何を一番重視して見るでしょうか?



わたしは、「 シーン 」です。


友人はストーリーであると言っておりました。


ストーリーは確かに無視できない重要なファクターだと思われます。



しかし、小説ならまだしも、映画の場合は、わたしはストーリーをそれほどは重視しないなと


はたと気づきました。



別に、ストーリー重視の方の批判をしているつもりはまったくありません。

そういう方もいるだろうし、自然だし、すばらしい見方だと考えます。



ただ、わたしの場合は、単にストーリーだけであれば、「神話」レベルの大きな、また、歴史的、民族的、哲学的というか、ひどく人生や生き方のスタイルにまで、関わってくるかのようなストーリーは、また、別として



通常のストーリーは、映画においては、ある程度のものがあればよいと考えています。



ストーリーだけなら、本を読みます。




それよりも、その原案のストーリーを


脚本や演出、演技、また監督のセンスで、どこまでエンターテイメントとして、映像化できるかに、もっとも目がいきます。



駄作な脚本でも、俳優の演技や演出で、十分、一級の娯楽作品になるものもいっぱい見てきました



また、よさそうなネタ、原作であっても、映画の作り手が料理をおこたると、最悪の作品となります。(いやぁ、「ゲド戦記」はかなりのものでした…。原作好きなので、見に行ってしまいましたよ。(-_-;)まいりました…。)



私は、とにかく、映画の見方においては「モチーフ」を大切にします。見終わった後、「シーン」がよみがえらない映画は、私にとって駄作です。


逆に、トータル的には、稚拙で、どうしようもないような映画でも、「シーン」がよみがえり、私に、なんらかの、インプレッションをおこさせる映画は、B級であっても、私にとって大切な映画となります。



わたしにとって、映画とは、「シーン」であり、「モチーフ」。


ちりばめられた、時には「ダイヤモンド・宝石・水晶」、または「ビー玉」、いやぁ、「ガラスのかけら」でもよい。


そう、イミテーションでもかまわない!



きらきらと、人生の、「生きる」ことの素晴らしさ、この瞬間のきらめきを伝えてくれるものであってほしい。


それが、私の映画へのおもいです。



ところで、あなたは、映画を見るときに、何を一番重視して、ご覧になりますか??




スポンサーサイト
[ 2007/12/28 13:24 ]  
【完全無料】毎日、ほったらかしで、5000円稼げる方法を伝授します!
毎日、7500円入金! お金ほしいですか? ブックマークに追加する
学歴・職歴関係なし!ニートの方もラクラク年収1500万を目指そう!
アクセスアップ.NET 人気ブログランキングへ クチコミblogランキング TREview
オートリンクネット

映画 |  映画論 | TB(0) | CM(0)  ページ最上部へ
格安電話加入権のコアグルーヴ! コムズリンクスタッフ: 新規スタッフ登録



●新定番 無料レポートに最適なフリーメールアドレス スゴ!メール
無料登録で全員に2,000円キャッシュバックキャンペーン中!

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yabusa.blog26.fc2.com/tb.php/30-fa932c87


テスト表示













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。